再取得への道

うっかり失効してしまったら

免許更新のお知らせのハガキが数年に一度送られてきます。
更新が出来る期間は、誕生日の前後一ヶ月と期間が短いです。
万が一、その期間に手続きをし忘れてしまったり、やむを得ない事情により手続きが出来なかったら、運転免許は失効になってしまいます。
その場合は、また一から取得し直しですが、経過期間、事情によっては、優遇措置がとられる場合があります。
失効日から、半年以内でしたら、まだ間に合います。
適正テストと講習を受けるだけで、試験は受けなくても再取得できます。
ただし、ゴールド免許だった場合でも、ゴールドの資格は失われます。
失効日から一年以上経過してしまった場合は、残念ながら、全てを受験しなおす必要があります。
有効期限には、気を付けましょう。

取り消されてしまったら

交通違反を何度も繰り返すと免許取消になります。
重大な違反を犯してしまったら、それだけで取消となる違反もあります。
運転免許が取り消されてしまったら、直ぐに再取得はできません。
違反内容によって罰則があったり、罰金を払わなければなりません。
そして一定の期間、免許取得の手続きすらできません。
期間は、違反内容によって異なります。
また、その期間が過ぎても、特定の講習を受けなければ試験を受けることが出来ません。
講習には費用がかかります。
そして講習は2日に渡ってあります。
それからまた、仮免許を取得するところから始まるのです。
一度手にしたものを逃してしまうと果てしない道のりを歩まなければ再び免許証にお目にかかることは出来ないのです。