ハードルは高いですが

入学手続き案内

自動車学校に通うには、まず最寄の自動車学校を調べて入学手続きをします。
この時に、MT(マニュアル)車コースとAT(オートマ)限定コースを選びます。
現在市販されている車の大半がオートマチック車なので、AT限定でも困らないのですが、マニュアル車を運転したいという方は、MTコースを受けるとよいでしょう。
入校の手続きをしたら、その日から即教習が受けられます。
一日、一週間に受けられる時間は決められています。
また入学手続きをしてからの期限が決まっていてそれを超えると受けられませんのでご注意下さい。
また学生の春休みや夏休みなどは、混み合ってなかなか予約を取れないという可能性もあります。
教習を受けるのには、事前に予約が必要です。

ハンドルを握ろう、まずはそこから

諸々準備が整ったら、いよいよ実車教習です。
その前に、適正検査を受けます。
身体条件をクリアすれば、いよいよ車に乗り込みます。
助手席には、教官が座ります。
シートベルトを締め、ミラーの位置を正しエンジンをかけたら運転開始です。
教習は、二段階にわかれていて、第一段階は、施設内でのみ運転します。
第一段階の教習をすべてクリアすると、終了試験を受け、それに合格すると、仮免許取得となります。
仮免許を取得すると、路上での運転が出来るようになります。
第二段階は、路上教習です。
第二段階も全てクリアすると、いよいよ卒業試験です。
合格すると運転免許センターでの学科試験が受けられます。
学科試験で合格点を取ると、いよいよ免許取得ということになります。