• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ハードルは高いですが

運転免許取得への道は、回り道だけれど一番確実な方法、自動車学校に通うことではないでしょうか。 各自動車学校によっても料金の設定は微妙に違いますが、だいたい30万円から35万円を用意すれば足りるのではないでしょうか。 ただし、追加の講習を受ける場合は、別途料金はかかります。 続きを読む

自動車学校へ通う

運転免許取得への一番の近道は、運転免許試験場で試験を受けることです。
そして技術試験を受けます。
ここで合格すれば仮免許取得ですが、生まれて初めてハンドルを握るという人が技術試験を1発で合格するのは不可能に近いでしょう。
よっぽど運転の才能があれば別ですが。
どうしても試験場で仮免許を取得したいという人は、事前に練習をしておくことをお勧めします。
ただし、運転免許保持者が隣にいたとしても、無免許で路上で運転するのは法律違反です。
そんな時は、貸しコースを利用するとよいでしょう。
車もレンタル出来ます。
ただし、運転免許保持者の同乗が必要です。
基本的なことは、そこで練習できます。
練習が充分になったら、仮免許を取得します。
まず適正テストを受け、さらに学科試験に合格することです。
合格後、仮免許取得のための実技試験が受けられます。
実技試験に合格して、仮免許を取得すれば、次は本免許取得のための試験です。
本免許の実技試験を受ける前には、適正テストと学科試験の合格と十時間ほどの路上教習が必要です。
免許取得者に同乗してもらい公道を走るのです。
そこを無事クリアすれば、いよいよ最後の難関、技術試験を受けるわけです。
この試験に合格すれば、晴れて運転免許保持者となります。
免許の交付前に、取得時講習終了証が必要となります。
指定の取得時講習が終了すれば、いよいよ免許交付です。
ここまでかかる費用は、受験手数料、交付手数料、講習費用です。
最短で10日で運転免許が取得できます。

おすすめリンク

特典いっぱい

短期集中で運転免許を取得するならば、合宿型の自動車学校がお勧めです。 取得する為の期間も、費用も3分の1程度におさえれます。 しかも、最近の合宿型の自動車学校には、嬉しい特典が受けられるものもあるのです。 最近の合宿型自動車学校の特徴について検証してみます。 続きを読む

再取得への道

一定の期間ごとに更新が必要な運転免許証ですが、更新時期をうっかり逃してしまい、免許失効なんてことになったら、どうすればよいのでしょうか。 また、違反をして取り消されてしまったらもうその免許は使えません。 再取得へはどのような手順が必要なのでしょうか。 続きを読む